人生は草!

読書と哲学。大学院入試日記

社会的に意義のある仕事とは何か

僕はずっと考え続けた。

どんな仕事にもプラスの面とマイナスの面がある。

それでも社会にとって絶対必要な仕事とはなんだろう。

ロボットなんかにはできなくて、人間らしく、かつ社会的な仕事とはなんだろうと。

 

 

しかし答えは残酷であった。

まず、答えを出すには「どの社会においての話であるか?」

という難問があるからであった。

 

とりあえず資本主義のなかでそのことを考えればいいのでは?

否。

 

時代は一日ごとに徐々に変わっている。

医療倫理、科学技術の倫理などと、技術の発達によって社会はどんどん変わるからである。

 

つまりこの問いは「社会」とセットで考えなければならないのであった。

それはおよそ不可能に近い問いであると僕は思った。

 

だからせめて。

「ぼくにとって意義のある生き方とはなんだろう。」

問題を狭くすることにした。