人生は草!

読書と哲学。大学院入試日記

2021-04-04から1日間の記事一覧

販売促進と倫理

「購買意欲を刺激して、不要な物を買わせる行為なんてけしからん。」 今までの僕の考え方である。 しかし。 僕は考えた。 それでもメーカーに存在意義はある。メーカーなくして消費はない。 多すぎず、少なすぎない売上は倫理的であると言える。 メーカーは…

ソクラテスの恋愛観について。『パイドロス』を読んで

結論から言うと、恋愛は「病気」なので、しないほうがよい。であった。 は?と思う方がいると思うので、ソクラテスの恋愛観を手短に語りたい。 まず、恋愛とは端的に「欲望」であるとする。快楽の源泉。それは相手の肉体を欲するものであるからである。 ソク…

「本を読んで役に立った?」という最大の愚問

本を道具として見ているのだろう。 英語はツールでしかない。そう言う人がいっぱいいるではないか。しかし。 本は言語で成り立っているが、道具ではない。そこにあるのは人間の精神である。 誰が本を書くのか。まさか、ロボットが書いているというのか。まあ…

自己責任を哲学的に考える

自由と責任はセットである。 何故ならば、第三者なしに自由は語り得ないからである。自由だからと、なんでも好きなことをしていい訳ではない。それは第三者が存在しているからである。よって自由には責任が伴うといえる。ここで、自由度という概念を考える。…

社会的に意義のある仕事とは何か

僕はずっと考え続けた。 どんな仕事にもプラスの面とマイナスの面がある。 それでも社会にとって絶対必要な仕事とはなんだろう。 ロボットなんかにはできなくて、人間らしく、かつ社会的な仕事とはなんだろうと。 しかし答えは残酷であった。 まず、答えを出…

経済学者と地震学者はいらない

両者の共通点。 悲惨な出来事が起きた後に分析をし始める。リーマンショック。 大震災。決して予測などできない。 いつまでも「意識とは何か」がわからないのと同じ。 経済は脳と同じくらい複雑なのだ。 地震もしかり。分析家がいることに何の意義があるのだ…

恋愛工学の誤った理論について

女性は優秀な遺伝子を求める? 否。 優秀な遺伝子とはなんでしょう。 生き残れる遺伝子? 強者の遺伝子?さて、それが真だとして、遺伝子はどうやって強いかどうか判定するのでしょうか。 遺伝子はこれから100年先に何が起こるかわかるのでしょうか。 まさか…

主体なき人間

「やっぱ男って金よねー。」 昔、小学生の女の子がそう言っていた。完全な受け売りである。 心の底からそう言っているとはとても思えない。 働いたことがないのだから、お金について何も知らない。こういう人が大人にもいる。 僕は、彼らは世の中のイデオロ…

道徳的に考えれば死刑は廃止されるべきである。

僕は、法は秩序の観点から個人を守るものであると考える。 そして道徳は尊厳の観点から個人を守るものであると考える。 ヒトラーは死刑にされるべきか? 感情的には死刑にされるべきなのだろう。 ただ、道徳的には、人間という存在の尊厳を守るべく、死刑を…