はてなブログ大学文学部

読書と哲学がメインです。(毎日更新中)

何故人を殺してはいけないのか。哲学者の考えを1年間みつめた結果。

池田晶子さんは、

「人を殺してはいけないということを、実は問いを立てている時点で既に知っているから」

「その問いこそが答えだ」

と答えた。

 

他の人は、

「秩序が乱れる」「法で禁止されている」「かわいそうだから」

道徳的なことを考えるだろう。

 

そして僕の答え。

「何故人を殺してはいけないのか。という問いを立てるため」である。

 

僕は何が言いたいのか。

この問いによってかどうかはわからないが、まず倫理学が生まれる。

倫理を考える際、統治について、つまり政治学も生まれる。法学も生まれる。

生まれるというよりは、発展するが正しいか。

 

そして、倫理学政治学・法学部分的には公共哲学へと発展した。

 

人は考える生き物だ。

「~してはいけないのは何故か。」という問いは、

それを考えるためにあり、後世へと継承していくためにあると僕は考える。