はてなブログ大学文学部読書研究科

読書と哲学がメインです(毎日更新)

追わない女、追わない男。「声をかける」が先か「仕掛ける」が先か

極端な事例を考えると、追わない人だけになれば恋愛関係は成立しない。

 

現実はそうではない。

現実はグラデーションになっている。

 

「このレベルの女は追わないほうがいい」

でも声をかけないと恋愛は始まらない。本当にそうだろうか?

 

100を最大値とすれば、50の男が100の女を仕留めるのはほぼ不可能だ。

声をかけたところで無視されるのがオチだろう。

 

「仕掛ける」とは、相手に「声をかけさせる」ことである。

仕向けるともいえる。

 

先ほどの記事にも書いたように、

「声をかける」は抽象的である。

では、てこの原理を利用して作用点、力点を考えてみたい。

 

力点に重みを掛けて、作用点が稼動する。

 

具体的なものがあれば、「声をかける」という抽象、すなわち効果が発揮する。

 

恋愛を科学的に考えるのも面白い。