はてなブログ大学文学部読書研究科

読書と哲学がメインです(毎日更新)

田嶋陽子『愛という名の支配』再読

※拡大解釈

「アダルトビデオ、性愛、ポルノ、風俗の類を全て0にしないと本当の恋愛なんてできない」

 

個人的にはそれが理想だと思う。

はっきり言えば、もう今の日本は恋愛のようで恋愛でない。

外側から見れば健常のように見える。内側は・・・そうはいかない。

良き女性と出会うために1万、2万を平気でつぎ込む人で溢れている。

他の時代の人から見れば狂気の沙汰だろう。

 

バカの壁』を読むと、女性とのコミュニケーションの大切さを学べる。

生々しいとはいえ、やはり現実は現実だ。

そしてポルノの類は全て非現実だ。日本の男はポルノに囲まれすぎている。

 

「女なんかどうでもいい」このセリフは令和だから言えるんだ。それを理解しているのか。

前の記事に書いた。女はめんどくさい。それは逃避だ。

よける、よける、さける、さける。

結局何もしていないのと同じ。

 

そうしていると結局「非現実」に侵食されていくのだ。

かくして「非人間」の誕生。

これも少子化の原因と見ている。

 

なので・・・

僕も健康になればまた恋愛という戦場に立ちたいと思う。

フェミニズムは奇妙ではあるが・・・勉強にはなります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

愛という名の支配 (新潮文庫) [ 田嶋 陽子 ]
価格:649円(税込、送料無料) (2020/9/9時点)

楽天で購入