はてなブログ大学文学部読書研究科

読書と哲学がメインです(毎日更新)

読書日記373

木清『読書と人生』のつづきを読む。

nainaiteiyan.hatenablog.com

 

 

三木清は読書法について語る。

濫読 (らんどく) は読書の入口として重要である、と述べる。

しかし、濫読にハマり専門性を持たない人はディレッタンティズムだ、と語る。

 

 

多読は読書家の条件ではあるが、多読は濫読でもある。

つまりは、一貫性が大事との主旨であった。

 

 

 

また、三木清は図書館についても語る。

図書館は調べものをする場所であり、本は所有するべきだという主張であった。

個人的にも本を買うこと、所有することはいろんな意味で大事だと考えている。

 

 

例えば、立花隆は一回の買い物で2、3万円分の本を買うと書いていた。

お金を気にせず気になったら躊躇せず本を買う。

個人的にも同じことをしているので共感できる。

 

 

いろいろと勉強になった。

 

つづく