はてなブログ大学文学部

読書と哲学がメインです。(毎日更新中)

xという名の環境が与えられ続けているということ

の記事は「何故Youtuberは生まれていくのか」という問いから生まれた。

まず、観る人がいる。

それはつまり、面白いものを作れば観てくれる人がたくさんいるという環境があるということである。

 

 

そこには勿論、カメラやパソコンなどの機器が必要である。

もっと細かいことを言えば、電気があること、インフラが整っているから、という段階まで遡れる。

これらの総体がうまく接続された環境があることによって初めてYoutuberが生まれていく。

 

 

アフォーダンスというのは心理学的によく使われる言葉ではあるが、僕はある種の思考法だと考える。

 

 

物事には常に何かの環境に左右されていると考えれば、

xという名の環境が必然的に与えられつづけていることを理解できるはずだ。

つづく