読書は力なり。

哲学。数学。医学。心理学。文学。

山本理沙・安本由佳『不機嫌な婚活』読了

んばんは

読み終わりましたので、感想です。

 

フィクションなので、あくまで作り話・エンターテインメントとして読みました。

結婚活動とはいえ、デートは避けて通れません。現実的な話にはあまり注目せず、僕は単純に恋愛のお話として楽しみました。

僕は新入社員のころ、休日はほとんど遊んでいました。

街コンにいきまくって、散々いやな思いも、良い思いもしてきました。

この小説を読んで、当時のさわやかな、青春のような思い出を思い出しました。

するとなんだか元気が出てきました。

 

精神医学・心理学では、やはり恋愛は健康に欠かせないものとなっています。

「恋愛なんてくだらない」と、人を拒絶していては楽しい人生は送れません、と自分自身に言い聞かせます草

 

マジなお話です。

真面目な人ほど、あっさりと認知症になってしまったり、うつ病になってしまう世の中です。

 

緊急事態宣言の期間が満了し、落ち着いたら外へ行きましょう!人生を楽しみましょう!