はてなブログ大学文学部読書研究科

読書と哲学がメインです(毎日更新)

トルストイ『光りあるうち光の中を歩め』読了

こんにちは
読み終わったので感想です。

欲にとりつかれるとどうなるかをよく描き表した作品だと感じます。

貴族の家系に生まれ、散財したあげく親に見離されそうになり、なんとか結婚しても幸せを掴めずいつまでも不幸をさまよい続ける男のお話です。

お金で幸せを買えないということを端的に表現していると思います。

また、他人は変えられない。
変えられるのは自分しかいないという単純なことに何で気づけないのか。そう思いました。