人生は草!

読書と哲学。大学院入試日記

合理性と目的について

西洋は合理的

東洋は非合理的

 

戦争で日本が負けたのは非合理的であったため。『菊と刀』より

科学の発展が西洋で起きたのは西洋人が合理的であるため。

 

戦争は合理性の求められる戦いであった。

しかし。

その後日本は経済においてはNo.1となった。

じゃあ経済は非合理的であるほうが良かったのか?

昔はどうだったのかもしれない。

ところが今はアメリカのGAFAが強い。

 

21世紀は合理性の時代、理詰めの時代なのか??

経済が成熟したとき、そこに必要なのは合理性なのか??

 

モノをつくるには何故か日本が強かった。

いや。強いのはアメリカだけで、ヨーロッパはそんな感じはしない。

 

もはや合理性は関係ない世の中なのかもしれない。

だからクリエイティブなんて言葉がよく出てくるのだろう。

 

でもモノを作るには想像力が必要じゃないか。

いや。昔はただ必要なモノを作ればいいだけだったのかもしれない。目的がすぐそこにあった。自動で洗濯できる機会を作るという目的。

自動化するという目的。

 

今は社会が複雑になり、何を目的として価値を作り出すのかがよくわからなくなっているのでは。

 

僕は無知なりにそう考えてみた。

仕事を選ぶ際の参考にもなるかもしれない。

人に対して、社会に対して。何を目的として、どんな価値を作るのか。