はてなブログ大学文学部

読書と哲学がメインです。(毎日更新中)

完璧主義は疲労のもと

完璧主義は逆説的に、無駄を排除しきれていない。

○○しなければならない、という信念、いや、狂気にとらわれている。

 

 

それは、合理と相反するものである。

例えば、「あと1時間で終わらせる」と必死に作業をやるときについて考える。

人は200mですら、最大速度を維持したまま走れない。

 

 

作業にもよるが、これと同じことが言える。

もし、20分につき2分程度身体を休めれば最大のパフォーマンスが出せる場合、完璧主義はこの事実に盲目になる可能性がある。

 

 

つまりは、視野狭窄を招くおそれがある。

そのために、実は非合理的な仕事をしてしまう可能性をはらむ。

完璧主義は疲労のもとである。

つづく