はてなブログ大学文学部

読書と哲学がメインです。(毎日更新中)

ゲーム理論で性善説を考える

人のジレンマについては過去(約二年前)に記事にしました。

あまり参考にならないと思うのでリライトします。

nainaiteiyan.hatenablog.com

 

端的に言えば、

「人は合理的に選択したつもりでも、大局的に見れば非合理的な選択を選んでしまう。」

と表現できます。

 

割愛します。【囚人のジレンマ で検索】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ゲーム理論では、

「相手と同じような行動をこちらもとる」

ことによって、囚人のジレンマにおけるゲームで高い点数をとることができる、と過去に記事にしました。

 

nainaiteiyan.hatenablog.com

nainaiteiyan.hatenablog.com

 

それを自明のように認識していたと思わせる、うまい表現をお借りします。

 

君主論』で有名なマキャベリの言葉です。

現実主義者が誤りを冒すのは、相手も現実を直視すれば自分と同じように考えるだろうから、馬鹿なまねはしないにちがいない、と判断した時であるーー

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

近年では、進化倫理学なる学問が登場し、

「互恵的利他主義」という言葉を見るようなりました。

 

 

現時点では、僕の妄想によれば、

 

性悪説を簡単には否定できない。

 

という立場をとっております。

皆様はどうお考えでしょうか。

 

 

また記事にしたいと思います。

つづく