はてなブログ大学文学部

読書と哲学がメインです。(毎日更新中)

内海聡『精神科は今日も、やりたい放題』読了

とめると、

精神疾患は社会によって作られたもの

・心理学には優生思想がある

・けいれん療法は拷問と同じ

・精神薬の治療効果については根拠がない

・本当の副作用は長期間経った後に来る

・不審死には精神薬が関与している場合が多い

 

といった内容でした。

うーーん。

精神科の現場で働いて、かつ精神疾患の当時者で、認知行動療法を受けている僕としては、なんともいえない気分です。

 

また、精神薬をきちんと飲んでいいない方が多いのも事実です。

そして自殺の数。

 

「精神薬が自殺に加担している」といった内容には疑問です。

僕が働いていた精神科には自殺した患者さんがいないからです。

 

僕は、単に一般人の方々が精神科に偏見があったり、薬について間違った考えを持っていたり、教育がしっかりなされていないからだと思います。

 

薬をおなかを満たすために飲んでいる方に会った事もあります。

この問題はかなり複雑です。

なんとかして、細分化してひとつひとつ、解決法を探っていきたい次第です。