はてなブログ大学文学部

読書と哲学がメインです。(毎日更新中)

2022-05-16から1日間の記事一覧

熊代亨『健康的で清潔で、道徳的な秩序ある社会の不自由さについて』読了

こちらを読み終える。 nainaiteiyan.hatenablog.com 20世紀は「社会主義」というオルタナティブがあった。 しかし、ソ連の崩壊とともにポスト (後) モダン (近代) の時代が突入。 世界は資本主義の原理で加速した結果、何が起きたのかというと、それは前回や…

読書日記405

フランクル『虚無感について』のつづきを読む。 nainaiteiyan.hatenablog.com 150項ほどまで読みすすめる。 非常に深く、かつ哲学的な内容であった。 フランクルはマズローの「自己実現」を批判する。 マズローは環境について、「手段以上にはなり得ない」と…

読書日記404

熊代亨『健康的で清潔で、道徳的な秩序ある社会の不自由さについて』のつづきを読む。 nainaiteiyan.hatenablog.com 著者は田舎と東京の人々の行動の違いを語る。 著者によれば、東京は田舎と比べ信号無視が少なく、また立ち小便も少ないと語る。 それは東京…

読書日記403

ロイ・リチャード・グリンカー『誰も正常ではない : スティグマは作られ、作り変えられる』のつづきを読む。 nainaiteiyan.hatenablog.com 100項ほどまで読み進めた。 精神医学がいかに人種差別と密接に関わっていたのかについて、うんざりするほど書かれて…

読書日記402

熊代亨『健康的で清潔で、道徳的な秩序ある社会の不自由さについて』のつづきを読む。 nainaiteiyan.hatenablog.com 今日読んだ内容は、ホームレスの減少と福祉の関係や、宮台氏のサブカルチャーに関する話であった。 著者によれば、ホームレスの減少は福祉…