はてなブログ大学文学部読書研究科

読書と哲学がメインです(毎日更新)

科学は太陽系に例えると、数学が太陽である気がする。

たとえば、物理学という名の惑星に機械工学という衛星がまわっている。

そんなイメージです。

 

僕は哲学が好きですが、わりと数学も重要だと考えていて、でも数学は嫌いという、よくわからない人間です。

 

ゲーデル不完全性定理』によって、理論体系に限界があることが証明されました。

 

つまり、数学 (この話でいうと、太陽) そのものを動かしている「銀河」のようなものがあると思うのです。

 

太陽の構造を調べることに、僕は楽しみを見出せません。

僕は望遠鏡で遠い銀河の果てを眺めることにします。