はてなブログ大学文学部

読書と哲学がメインです。(毎日更新中)

青春!学問学園物語~わけわかんねよの巻~

芸術「社会、頼むからここにいろ」

社会「あたし・・・つらい」

英語「社会さん、僕がいる。ここにいよう」

国語「音楽、出るなよ」

音楽「もちろんだよ~」

芸術「いけね。鍵閉めねーと」

芸術君は教室に鍵をかけた。

社会「誰か来るの・・・?どうなっちゃうの・・?」

芸術「安心しろ、とにかく30分待てばいい」

音楽「国語はどう思う?」

国語「・・・・・・・」

国語「待とう」

音楽「りょうか~い」

5分後

ドンドンドンドンドンドンドン!!

何者かがドアを叩いている。

音楽「ぎゃーーーーーーーーーーーーーーー」

英語「ノーーーーーーーーーーーーーーーー」

芸術「わめくな!安心しろ」

国語「どうなってやがる・・・」

ドンドンドンドンドンドンドンドン!!

社会「し、死ぬ・・・・」

音楽「ピンチピンチ~」

社会「えっ?」

それは一瞬の出来事だった。

わずか1秒の出来事だったが、頭の良い社会は気付いた。

たかが1秒。されど1秒なのだ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

同じ頃。数学は便所にいた。

あまりにもショッキングだった。

たった2つの出来事が数学を奈落の底に落とした。

数学は自分に自信があった。将来大富豪になれるとは思っていなかったが、そこそこ稼げる自信はあったし、女の子に対しても自信はあった。

医の前で自分を見失ってしまった。これは数学にとって初めての経験であり、また、初めての挫折だった。

哲学とオレは違う。当たり前のはずだった。

だが現実はあまりにも残酷だった。

医は哲学と一緒に教室を出た。それも、手を繋いで。

数学「わけわかんねよ・・・」

そして数学に何かが迫っていた。

つづく