はてなブログ大学文学部

読書と哲学がメインです。(毎日更新中)

2021-12-18から1日間の記事一覧

本当に忘れたいことは語られ得ぬ

今週のお題「忘れたいこと」 忘れたいことを語る。 これはとても平和的な営みだ。 忘れたいことは、いずれ笑いのネタになる。 今はネタだけに、笑いのタネの状態なのである。 タネが心の中で収まっていて、いつか芽を出すのである。 ところが、本当に忘れた…

人生の充足とはパッションの総量である

現在の僕の見立てである。 説明をしていく。 情熱と訳すこともできるが、敢えてパッションという言葉を用いたい。 情熱には非常に前向きなものを僕は感じる。 それは人間としての、生物としての生命力そのものではないだろうか。 使命感。義務。貫徹。克己。…

真理は可変的であるように思う

僕はそう考える。 このトピックは恐ろしく広い範囲を扱うものであるので、ざっくりとまとめたい。 端的に言えば、真理が存在し、その全容が明らかになった場合、議論をする必要性がなくなるのである。 要するに、マニュアルとしての真理になってしまう。 も…

読書を加速するための覚書

これから書くのは、もし読書がつまらなくなってしまった自分へのメッセージである。 決して自己啓発的な、ハウツーにならないように留意する。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ・小説を読むことは時に映画以上の…

言語を超えるもの

神話というと、なんとなく胡散臭さを醸し出すので、僕は芸術である、とここで言ってみたいと思います。 それは音楽からダンスまであらゆる人間の文化的活動をさすものと考えています。 ボルヘスは、言語が不完全であることを指摘しています。 僕なりに解釈す…

恋愛工学再考。猿と人間

今から5年ほど前、恋愛工学というものが流行った。 端的に言えば、強い男がモテるというなんとも単純な理論である。 そして、20代だった僕は、まんまとハマってしまった。 恋愛工学というものを再考したい。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー…

語り得ないものは存在しないもの

と僕は思っています。 ヴィトゲンシュタインは、語り得ないものには沈黙せよと言いました。 僕は、世の中に語り得ないものが複数存在しているとみています。 それはおそらく抽象的なものです。 生きがい やりがい やりたいこと この3つは語れそうで語れない…