はてなブログ大学文学部読書研究科

読書と哲学がメインです(毎日更新)

読書日記492

ーザル・ナフィースィー『テヘランでロリータを読む』のつづきを読む。

nainaiteiyan.hatenablog.com

 

今日も意識は飛ばしながらもページはとばさずに4時間じっくり、340項まで読み進めた。

先生はある種の諦めを抱く。

ジハードとはいったい何なのか。

いつまでも続く戦いに、支持者たちも疲れが見え始める。

 

 

先生は外に見切りをつけ内に向かう。ひたすら文学を読み漁る。

ジョイス、ジェイムズ、アガサ・クリスティ

授業の為ではあるが、何故このような作家を題材にするのか。

まだこちらとしてはピンとこない。

 

 

 

ジハードとはいったい何なのか。再び自分は問う。

人は敵を作りたがる。

本当の敵は自分自身なのだ。

人は自分から逃げたい生き物なのだ。

自分ととことん向き合えないように出来ているのだ。

何が革命だ。

逃げとしての革命。責任転嫁としての革命。

私はそう思う。

 

 

つづく