はてなブログ大学文学部読書研究科

読書と哲学がメインです(毎日更新)

エントロピー・分離・テクノロジー・フラクタル構造

こちらのつづき

nainaiteiyan.hatenablog.com

 

脳科学者の中野信子氏が、テクノロジーによって人間は人と人との交流が物理的に消えていき、個人化する趣旨のことを書いている。

 

 

僕はエントロピー増大と相似しているとみた。

つまりは、最終的に個人化するのであれば、それはマクロレベルでは「分離」を意味し、偏在⇒均質へと以降することも意味する。

 

 

勿論、個人化は仮説に過ぎず、僕はそこまで行くとは考えてはいないが、

ミクロとマクロは最終的にはそうなる運命であることはなんとなく否めない。

つづく