はてなブログ大学文学部

読書と哲学がメインです。(毎日更新中)

行動に制約をかける方が、実は行動しやすい。お金持ちがお金をうまく使える理由。

「1億円あったら何に使いますか」

お金持ちであれば即答できる(人が多い)。

 

 

 

僕は残念ながら即答できない。

せいぜい、「本の爆買い、書斎の構築、読書空間の創造」くらいだ。

 

 

これを「自由度」で考えることができる。

 

nainaiteiyan.hatenablog.com

 

nainaiteiyan.hatenablog.com

 

お金持ちは、

「何にお金を使わないか」がはっきりしている。

つまり、「自分の行動に対する制約」を課している。

 

 

 

一方、突然1億円が手に入った方には、

「何にお金を使わないのか」が無いと考えられるので、

「行動に対する制限がない」≒「自由度が高い」≒「何もできない」

という状況が生まれる。

 

であるで、僕が仮に「1000万あったら何に使う?」と誰かに聞いたとして、

「えーっと、、、」

と答える方は、普段から「自由度」を下げていない可能性が高いと僕は思ってしまう。

 

 

それは「自分に対する制約」が「弱い」ことの裏返しになってしまうので、

もしかしたら「不自由な生活」を送っているのでは、と僕は判断してしまうのである。

 

つづく