はてなブログ大学文学部読書研究科

読書と哲学がメインです(毎日更新)

お金の力では人を幸せにできない。

の記事は暴走する資本主義による、格差問題へのテーゼである。

ささやかな抵抗である。

 

そもそも、社会科学の限界点が指摘されるなか、年収と幸福度が因果関係で説明されるのか、というと不可能ではないだろうか。

参考文献:『社会科学と因果分析』岩波書店

 

この説を当たり前のように思っている方がいるとしたら、とんでもない勘違いだと思う。

因果関係と相関関係は全く別問題である。

 

それはつまり、別の要因が複数ある、という意味でもある。

それは人間の本性から察するに、優越感、劣等感、承認欲求があげられる。

文化相対主義や社会構成主義などの知見を鑑みると、要するに、

ただ人と比べて優越感に浸り、承認欲求が満たされるから幸せに感じるだけなんじゃないの?

ということである。

端的に言えば、幸福がお金ではなく感情に帰属される、ということである。

例:「オレ勝ち組」「成功しない奴は無能」

他にも無数に要因が考えられるので、「お金が人を幸せにする」という単純な発想は捨てたほうが良いと思われる。 

「最低限の収入は必要」

という、思慮のない浅い反論は受け付けない。

どうしても納得いかない方、1500記事以上書いているので全てに目を通して頂きたい。

 

この主張に根拠がない、と考えるならば、年収と幸福度の関係にも根拠がない、と考えるのが普通である。

 

人は誰しもが、乳児から幼児、小学生、中学生へと成長する。

今挙げた誰しもが持っていた「基本的な感情」が消失するとは思えない。

少なくとも、このブログを2年以上続け、ひたすら人間を観察・研究し、心理学・哲学を含め様々な学問や領域に踏み込んだ僕はそう思う。

皆さんはどうお考えだろうか。