はてなブログ大学文学部読書研究科

読書と哲学がメインです(毎日更新)

デカルトですら理論に欠点があったのだから、今信用性のある理論にも欠陥があっておかしくはない。

絶対的な真理があるとは思わない。
真理は相対性であり、同時に多面性をも併せ持つと考える。

従って、断定はできないだろう。
技術的な限界がある。

世の中の真理。
こんな言葉ほどふざけた言葉はない。

過去に真理、真理と僕は記事で何回も真理という言葉を使ってきた。
恥ずかしく思う。