問い屋さん。読書の「力」を発信するブログ

「INPUT・OUTPUT・読書 (哲学・数学・認知科学・文学・心理学・芸術・色彩心理学・神経言語学など) 」を通じて人生の武器になる強力な問いを提供。問屋ではない。そうは問屋が卸さない。人生は草。楽しく行こう。

悪書は良書を駆逐する

最近の感覚でいうと、読んでて眠くなるような本が良書だと思うのです。

それは、こちらから積極的に本に勝負を挑まなければ著者のメッセージを受け取れないからです。

斎藤孝さんは、「偉大な本はおしなべて退屈である」といってました。

偉大だからなんだよ、といいたくなりますが、偉大な本は長年読み継がれてきたことは事実なのです。

 

眠くなる本は、頭が疲れるから眠くなるのです。

眠くなる本は、なかなか先に進めないのが不快なのです。

それは、著者が読者を選んでいる証なのです。

だったら読者として、戦うという選択もあると思います。

 

読みやすい本、頭にどんどん入る本は悪書の可能性が高いです。

easy come, easy go 僕の好きな言葉です。

どんどん頭に入る情報は、どんどん抜けていくのです。

 

簡単にGETできる友達は簡単に去っていくのです。女の子も然り。

 

というわけで、貴方の読書の秋を応援致します(本日二回目)