はてなブログ大学文学部

読書と哲学がメインです。(毎日更新中)

読書日記425

ルバンテス『ドン・キホーテ』のつづきをよむ。

nainaiteiyan.hatenablog.com

 

今日も意識を飛ばしながらも、ページは飛ばさずにくらいつく。

読書は睡眠薬でもある。

朝は尚更眠くなる。

 

 

150項まで読み進める。

騎士道本が悪事に加担している為に焼却される場面や、騎士道を極めることで国王にもなれるといった野心が語られる。

 

 

今のところ、この物語は現代のドンキホーテと評される『私はゼブラ』ほど文学至上主義的傾向は見受けられないが、文学作品については度々言及されている。

 

本を焼却する場面は、セルバンテスが世に溢れる悪書を揶揄しているのだろうか。

 

 

 

つづく