問い屋さん。読書の「力」を発信するブログ

「INPUT・OUTPUT・読書 (哲学・数学・認知科学・文学・心理学・芸術・色彩心理学・神経言語学など) 」を通じて人生の武器になる強力な問いを提供。問屋ではない。そうは問屋が卸さない。人生は草。楽しく行こう。

ドリカムの新曲「YES AND NO」が現代の皮肉で溢れていた。

「みんななんで許せないの、そしてわたしは許せるの」

「限りなく黒に近いグレーゾンはセーフでまかりとおる」

 

僕は世間(笑)がおかしいことは二十歳から感じていた。

矛盾が多かった。

数えきれないほどの矛盾を見つけあたまがおかしくなった。

 

気付いたら哲学に興味を持った。

哲学は馬鹿にできない。

哲学は社会学・経済学・法学・政治学・文学など、あらゆる学問と密接につながっている。そして全ての学問を包括的に取り扱えるのは哲学のみだ。

 

なぜ存在するのか。

どう生きるべきか。

私はただの言葉遊びはあまり好きではない。日々起こることについて考察することが好きだ。

 

ドリカムさんのメッセージとはそんなことなのかなと思った。

自分の行動は自分の感情でもなく、損得勘定でもなく、もっと思慮深い、自己の意志によって決定しなければならないのだ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

YES AND NO / G [ DREAMS COME TRUE ]
価格:1430円(税込、送料無料) (2020/8/30時点)

楽天で購入