はてなブログ大学文学部読書研究科

読書と哲学がメインです(毎日更新)

ムゲン×ムゲン

時は6900年。

なんとか核戦争は起こさず、人々は平和に暮らしていた。

 

さて、今日は家系ラーメン食おう。

ボタンを押す。ピ。家系ラーメンをすする。

うんめ。

今日は第6宇宙のあやちゃんと南国でも行くか。ピ。

 

技術は完璧だった。ボタンを押せばなんでもできる。

でも人を殺すことはできない。そこも完璧だった。

 

人は繁殖しすぎた。おかげで必要な食料も増えた。

でも人は勝った。まずは第2宇宙に移動できる手段を得た。

そして第2地球を作った。地球にはキャパがあった。

増えすぎた人たちは第2宇宙に移動した。

 

ゴミが増えすぎた。でも人は勝った。まずはゴミ箱専用の宇宙と繋いだ。

そしてゴミはボタンでピ。そこに移動する。

 

人はもっと繁殖した。でも人は勝った。

第3宇宙ができるといっきに第100宇宙まで完成させた。

ゴミ箱も100個作られた。

 

葬式がなくなった。人は勝った。

ファイル復元機能が完成すると、年齢という概念が消えた。

若返り機能、老化機能が完成すると、平均年齢は24歳になった。

 

人は好き放題、何をしても大丈夫。

何でもできた。でもできないこともあった。

 

もう無理、死にたい・・・

自殺ボタンが押された。ピ。

翌日、何者かによって復元されてしまった。

うそだろ・・・

 

翌日、宇宙は1億個以上コピーされていた。

コピーボタンを押して、ペーストするとできるらしい。

消せるかって?何故かエラーになるみたいだ。

つまり消えない。消えても即復元される。

 

翌日、宇宙はもう数えきれないほどに増えていた。

そして、人もまた、数えきれないほどに増えていた。

そして消えることもまたなかったのだった。