はてなブログ大学文学部読書研究科

読書と哲学がメインです(毎日更新)

哲学的な問いを残す、衝撃の小説があります。『どこか奇妙な恋物語』

あなたが好き!

 

さて、ここでいう「あなた」とは何を指すのでしょうか。

顔?声?性格?服のセンス?

 

この小説ではそれを全て排除した後に何が起こるのかを、まるで実験しているかのように描きます。

 

哲学的だとおもいませんか?

 

私の知る限り(知っていることなんてたかが知れていますが)、哲学的な問いと恋愛が融合した小説はこれが初めてです。もちろん、他にもそういう小説はいっぱいあると思うので、あれば是非紹介してください。

よろしくお願いします。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

どこか奇妙な恋物語 (宝島社文庫) [ 晋藤 歌六 ]
価格:792円(税込、送料無料) (2020/4/6時点)

楽天で購入