はてなブログ大学文学部読書研究科

読書と哲学がメインです(毎日更新)

『生まれてきたことが苦しいあなたに 最強のペシミスト・シオランの思想』を読みました

・本書の特徴

生涯「パラサイト」として、「哲学者」として、常に自殺のことを考えながらも80年以上生きてしまった、とにかく労働が大嫌いなルーマニアの思想家の自伝的な本でございます。

 

シオラン3つの名言pick up

働いたら負け

人生に意味はないということが、生きる理由にもなる

行為は悪、怠惰は善

 

この本を読んで何が得られるのか。どう考えても社会不適者を増やすだけ・・・

いえ、この本を読むことで、ある意味全世界の本質に迫る、哲学的な問いを生むことができます。私はひとつ見出しました。

 

「労働しない人を殺しても良いのか。」

 

普通の感覚で言えばダメですよね。人殺しはダメです。しかし、僕はここに疑問を持ちます。

「働かないやつは死ね」

こう思っている人は、実はけっこうな数いるのでは、と。

芸能人であり、Youtuberでもあるdさんは動画で「働かない人は死んでもいいと思っている」と言っていました。

 

「働かないもの食うべからず」は言い換えると、「働かないなら死んで」ですよね。

実際、社会では働かない人は死ぬ仕組みになってます。(厳密には違いますが)

 

矛盾を感じませんか?

人の命は大切。

働かない人の命はゴミ。

 

働くことは当たり前。それは幼稚園児でもわかります。

では、なぜ働かないといけないのか。

中世では働かなくてもいい「階級」が存在していました。

彼らも「働いたら負け」と唱えています。

 

なぜ働かないといけない仕組みになっているのか。

その答えを考えることもまた、大事なのではと思います。

なぜなら、この問題は近年問題である「差別」に繋がっているからです。

差別は何故なくならないのか。どう思いますか。