はてなブログ大学文学部読書研究科

読書と哲学がメインです(毎日更新)

自己啓発本を100冊読んで思ったこと

よいしょー

おっすおら元無職

試用期間が終わってまた無職になったらおっかねえ

 

では本題だベジータ

 

思うんですけど、自己啓発ってなんなんすかね。

全体的に、拝金主義者が多いすよね。とりあえず稼げよ、と。で、稼いだら全てがうまく運ぶみたいな。で、その過程はすごい充実してて、それこそが真の生き方だ、みたいな。

そうでない著者がいたとしても、やっぱり、会社で活躍しろ、モテるようになるぜ、とか。上位1%が美女を独占しているんだぜ、みたいな話とか。

 

お金が食べ物だとして、彼らはアフリカにいるチーターだと思うんですね。

結局はお金に飢えていて、ひたすらお金をむさぼる。

チーターって、能力的にチート扱いじゃないですか。金持ちはチート。

でも、チートはたかがチートで、ゲームの世界を変えるのはできない。

 

僕は弱小の小鳥だ。でも、自由に空は飛べる。チーターには勝てないけど、自由はある。