はてなブログ大学文学部読書研究科

読書と哲学がメインです(毎日更新)

2022-01-11から1日間の記事一覧

読書日記28

岩田徹『一万円選書』(ポプラ新書2021年)を読む。 この方のことは、新聞かなにかで知った覚えがある。 僕もすかさず一万円選書に応募しようと考えたことがあったが、人気過ぎて募集していなかった。 (3000人待ちとのこと) 僕はこの方がどんな人生を歩んでき…

読書日記27

マルクス『共産主義者宣言』を読む。 いよいよ、解説書ではなくマルクスの書いたものを読んでみようという気持ちになる。 僕が今日読み取ったものは、ブルジョア階級がプロレタリア階級を支配する基盤は、封建社会の時代に作られたものであって、時代ととも…

遥洋子『東大で上野千鶴子にケンカを学ぶ』読了

細かい内容はカテゴリー「読書日記」に書いてきたので割愛。 ケンカとは、この本の文脈からすれば要は「議論」である。 単に相手を負かす為の本ではない。 この本は決してハウツー本ではない。 遥氏はテレビのタレントである。 ウィキペディアによれば、遥氏…

読書日記26

今日も引き続き、昨日読んだ『東大で上野千鶴子にケンカを学ぶ』のつづきを読む。 今日のテーマは従軍慰安婦問題だ。 戦争を経験したおじいさんが「現実を教える」と言い、なぜ慰安婦がいたのかを学生に伝える。 しかし、著者はそのおじいさんの論理構造は、…