はてなブログ大学文学部読書研究科

読書と哲学がメインです(毎日更新)

読書日記841

読んだ本

引用元:版元ドットコム

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メモ

 

なし

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日記

 

 

ゲーテはドイツ人の俗物根性を批判した。

(モーツァルトを指して)「とてつもない精神生活の素晴らしい泉に対してはーーー世間というものはーーーほんのちょっとのあいだ自分に栄養価の高いものを与えてくれるほんのかけらを、ときどき盗んでは満足しているだけではないだろうか?」(一部省略)

 

 

また、ゲーテ著『ヴィルへルム・マイスター』については、「これはーーー大衆のために書いたのではなくーーー同じような傾向をとろうとしているほんの一握りの人たちのためのものなのだ」

と話した。

 

 

読みたい人だけが読めと、君たちのために書いているのではないと、そのように本を書いていることが伝わった。

来るもの、待つもの。

物事は待つものを取りに行くことが定石だと改めて思った。

nainaiteiyan.hatenablog.com