はてなブログ大学文学部読書研究科

読書と哲学がメインです(毎日更新)

読書日記836

読んだ本

マーク・クーケルバーク『自己啓発の罠 AIに心を支配されないために』青土社(2022)

つづきを読み進めた。

 

nainaiteiyan.hatenablog.com

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メモ

 

なし

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日記

 

 

後半はいわゆる「ポストモダン」と関係付けて論じられた。

(ポストモダンの概略はこちら)

nainaiteiyan.hatenablog.com

 

AIで知能を向上させ、テクノロジーで身体的機能をエンパワーメントすることを本書では「超人主義」と読んでいる。

(ニーチェのいう超人とは意味が違うと思われる)

 

 

三つ子の魂百までという諺があるように、可塑性のあるうちに環境に依存しながら人は自己を確立させていく。

人間は「生まれる」ことまでは選べない。

自己とは「関係性」のなかにおいてのみ存在する。

つまり、厳密には自己というものは内部にあるのではなく「外部」にある。

 

 

ここに気がつくことができないと「自殺の危険」が生じると著者は警告する。

"自己啓発へのナルシシスト的な態度は、関係性に関するこのポイントを脱し、結局のところ、死せる自己を作り出すことにつながる。" P104

 

 

ここでタイトルの意味の一部は回収されたように思う。

養老孟司氏は、自分探しの無意味性について本のなかで語っている。

それは自己というものが常に流動的だからである。

 

 

ミクロ的にも毎日のように細胞分裂を繰り返し、あっという間に総入れ替えが行われるように、価値観というものも無常なのだろう。

それは日々生活するなかで様々な環境、人間との出会いによって感化されるからだと感じた。