はてなブログ大学文学部読書研究科

読書と哲学がメインです(毎日更新)

読書日記677

読んだ本

引用元:版元ドットコム

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メモ

 

なし

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日記

 

「絶対的な善はない」

ドゥルーズが語った。

やはりそうきたか。

「哲学とは概念の創造をすること」

池田晶子氏の言う通りで、ポスト構造主義は本来の哲学的な営みからはかけはなれている。

 

 

善という言葉、悪という言葉が何故分かれているのか。

もはやそのような根源的な問いは忘れ去られている。

「私たちは哲学史に虐殺されてきた最後の世代」

哲学を語るということは、誰が何を考えたのか、それについて貴方はどう思うのか。

そういうことなのだという。

 

 

そしてとどめは「ヘーゲルが嫌い」という発言であった。

見事に池田晶子氏と反比例している印象を抱いた。

ジル・ドゥルーズとはそういう人物なのだと思った。

(あくまで「今日の」個人の感想)

 

 

哲学というよりかは批評である。

批評理論のコーナーが書店にあるように、厳密には哲学ではない所以ではないだろうか。

「哲学するには現代思想を読む必要はない。」

池田晶子氏はそう語っていた。

 

 

批評家になりたいのであればドゥルーズを読むことには意味があるとは思う。

なんのために本を読むのか。

自分に問いかけたい。

結局、自分もこのような本にとりつかれている向きがあるので、自分は哲学など興味がないのでは、という捉え方もできる。

 

 

ドゥルーズは読書には二通りあることをのべている。

本には固定された「シニフィエ」として意味が存在し、それを究明する読み方。

もう一方は、本の意味を捉えることにこだわらず、流動性のある世の中のひとつの産物として捉える読み方。

 

 

個人的には、流動性あるなかの普遍性に興味がある。

 

つづく