はてなブログ大学文学部

読書と哲学がメインです。(毎日更新中)

読書日記510

今日読んだ本:

久住邦晴『奇跡の本屋をつくりたい』ミシマ社

森田邦久『量子力学の哲学:非実在性・非局所性・粒子と波の二重性』講談社新書

モーリス・ブランショ『文学空間』現代思潮新社

西山雄二『異議申し立てとしての文学ーモーリス・ブランショにおける孤独・友愛・共同性』御茶の水書房

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メモ

 

 

ブランショ

「言語は人間的現実と世界を基礎づけるものである」

「文学言語は事物を表象するのではなく、言葉から成立する独立した世界をつくり上げる」

 

 

ジャーナリスト、山本美香「知らないことは罪だ」

 

自分の意見とはなにか。

自分は何をもってそれを意見とみなすのか。

客観的な意見と主観的意見の境界。

問う。

「あなたのその意見の何パーセントが無知によるものであるとあなたは考えますか」

 

 

言葉が明確になること。

文字が光ること。

音が光ること。

 

 

ブランショ・・・措定的ならざる肯定の哲学