はてなブログ大学文学部読書研究科

読書と哲学がメインです(毎日更新)

電車内での暴行事件について 其の二

ひろゆき氏の持論がニュースにUPされていた。

やはりこの方、一歩、二歩先を読んでいる。

危ない人間から離れること、無視することを良しとする風潮はやめたほうが良いという意見であった。

同意する。

 

 

一方で某格闘家はといえば、無視したほうがいいとの持論を展開していた。

たった一例であるので一概には言えないが、物事をどこまで多角的に見ているのかを、たったひとつの意見から察することはできる。

 

 

格闘家のほうは、人間のアトム化をそのまま正当化していく方向にあり、ひろゆき氏のほうはと言えば、アトムを分子に、そして高分子にしていく方向である。長い目で見ればそちらのほうが社会全体にとって有効である可能性が高い。

 

 

以上から、僕は物事をしっかりと考え抜くことの意義を再確認した。

つづく

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

nainaiteiyan.hatenablog.com