はてなブログ大学文学部

読書と哲学がメインです。(毎日更新中)

2022-02-08から1日間の記事一覧

今日の読書振り返り

まず新幹線殺傷事件に関しては、脳に何らかの異常があったと考えるべきである。 どんな理屈を重ね合わせても、刑務所に行きたいから人を殺しても良いという帰結にはなり得ない。 人間の悪について考えるために、その参考資料として『善と悪のパラドックス』…

読書日記111

池田晶子/陸田真志『死と生きる 獄中哲学対話』新潮社(1999年)を読む。 池田氏と囚人の哲学対話ということで、興味があり購入。 ソクラテスやプラトンが誕生してから2500年といわれている。 人間の感覚からすれば途方もない時間である。 にもかかわらず、彼…

『善と悪のパラドックス』第二章

こちらのつづきを読み進める。 nainaiteiyan.hatenablog.com 人類学者によるフィールドワークが明かしたのは、人間はチンパンジーよりも、ボノボよりも攻撃性が低いことであった。 しかしながら、攻撃性は低いものの、戦争においては類人猿を遥かに上回る残…

読書日記110

池田晶子『絶望を生きる哲学 : 池田晶子の言葉』講談社(2017年)を読む。 僕が哲学にのめり込んだきっかけは紛れもなく池田氏の本である。 難しい言葉を使わずに物事の本質に触れさせてくれる、哲学エッセイという形式を日本で初めて切り開いた方である。 現…

インベカヲリ☆『家族不適応殺 新幹線無差別傷犯、小島一郎の実像』角川書店(2021年)読了

こちらのつづきを読み終える。 nainaiteiyan.hatenablog.com 昨日は小島氏の家族が崩壊していると書いた。 これは部分的には合っていると思われるが、真相は不明であるというのが本当のところであると考えられる。 精神鑑定医は、小島氏は猜疑性パーソナリテ…