はてなブログ大学文学部

読書と哲学がメインです。(毎日更新中)

金子文子『何が私をこうさせたか』読了

こちらのつづきである。

 

nainaiteiyan.hatenablog.com

 

僕は書評を書く才能はないと思うので、以下思ったことを記録として残すため、だらだらと書いていく。

 

ちなみにではあるが、金子文子1903年生まれである。

知の巨人、小林秀雄の1つ年下にあたる。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

金子文子金子文子たらしめたものとは

おそらく、それは「理不尽」である。

少なくとも、この本には「理不尽」に溢れている。

 

 

親の暴力

親の怠慢(ネグレクト)

祖母のいじめ

貧困

etc

 

この金子文子という人物に僕は少しながら自分を重ねる。

それはこのブログにも書き残したので多くは語らないことにする。

 

 

僕も少なからず理不尽を経験したが、この人にとっては取るに足らないものに違いないだろう。

「その程度で・・・」

金子文子が言っているように聞こえる。

 

 

しかし、僕らには共通点がある。

学によって自分の力を限界まで伸ばそうと決意したことである。

金子文子は、紆余曲折を経て社会主義者と親交を深めた。

といっても、金子文子社会主義者ではない。

本を読む限り、彼女は社会主義の欠点に気づいている。

 

 

 

ハンナ・アーレントとの共通点

それは、「気の合う仲間と共にすること」である。

彼女は、本質的に社会は人を完璧には幸せにできないことを見抜いている。

社会主義も、結局はそのなかでまた支配者が現れて、同じことを繰り返すと彼女は考えていた。

 

 

 

100年前も今も変わらないことがある。

富めるものは富み、そうでないものは権力(=資本)に服従しつづけるという現実である。

この100年で人はどのくらい幸せになったのだろう。

 

 

とまあ、いろいろあるが、自分の人生は自分の力で切り開く。

これは普遍的なように見える。

つづく