はてなブログ大学文学部

読書と哲学がメインです。(毎日更新中)

Twitterと化学、そしてフラクタル構造

こんばんは

今日は雨なのでたまってるネタを書くことにしてます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こちらのつづきです

 

nainaiteiyan.hatenablog.com

nainaiteiyan.hatenablog.com

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

気体になることを「蒸発する」というのは、さすがに常識かと思っております。

 

面白いことに、職場から消える人にも「蒸発した」と言いますよね。

 

ここで、

 

蒸発⇒消える

水⇒流動的

凝固⇒固まる、固定的

 

としてみます。

わかりやすくするために、「フォロワー」で例えます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

アカウントが消えた方は蒸発、

つまりは、もうだれにもフォローできないので、相手にフォローできなければ、フォローされることもできない。twitterをやらない方。

 

 

フォロワーが増えたり、減ったりするのは水のように「流動的」、これは現在進行中で、今twitterを定期的にいじっている方々。フォローされたり、フォローをはずしたり、とにかく動く。

 

 

氷は、相手をフォローできない。しかしはずされる可能性はある。⇒それは「ユーザーが放置」しているから。アンインストールしたか、ログインのパスワードを忘れた等。

 

 

氷は溶けます。放置されている間にフォロワーが減る⇒氷が溶けるということ。フォロワーが流れ落ちる。

 

 

世の中はどこまでもフラクタル構造なんだな、と思う日々です。

つづく