はてなブログ大学文学部読書研究科

読書と哲学がメインです(毎日更新)

哲学と円環

哲学に終わりが見えない。
以下、その理由をだらだらと書くので、マニアな方は必見。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

自我とは何か。
⇒精神医学、臨床心理学に興味が移る





アイデンティティーについて社会心理学から学ぶ。社会体制を学ばないとアイデンティティーは見えない。





⇒社会体制とはつまり政治や資本主義のこと。
今度は民主主義や法哲学社会主義マルクスなどに関心がいく。




能力主義格差社会にぶつかる。
アイデンティティーはイデオロギーと関係することがわかる。



イデオロギーは歴史を見なければわからない。
歴史や思想史に目がいく。




ソクラテスアリストテレスなど、古代にまで遡る必要があると理解。




⇒迷いの森に到着。とりあえず「善い生き方」について学ぶ。



倫理学にぶちあたり、「メタ倫理学」にぶちあたる。カントの「徳を行動の基準にせよ」⇒しかし徳自体がわからない。






⇒もう社会貢献すればいいだけだ。しかし、資本主義の賞味期限が切れつつあり、ベーシックインカムが叫ばれつつある。





社会保障ベーシックインカムについて理解しないと、社会貢献の本質が見えない。格差の拡大に加担したくない。しかし働かないと偉そうなことは言えない。





⇒さて、どんな仕事につけば良いか。
⇒コロナ禍で面接が中止





⇒もう自分のやりたいことをやろう




⇒また自我について考えはじめる
⇒コミュニタリズムという考え方に出会う




⇒しかし全く理解できない
ドイツ観念論を学び始める




詩学と文学、芸術が密接に関わっていると分かる




⇒ではと、その分野に飛び込む




⇒各分野を読み込む




⇒また徳について学習し始める

つづく