人生は草!

読書と哲学。大学院入試日記

建築学を「暗記術」に応用する。柱。建物。全体性

記はただの単純作業と捉えてしまうと効率が悪くなり、時間を無駄に消費することになる。

 

f:id:nainaiteiyan:20210722112311j:plain

暗記の作業は基礎工事と似ている。

部分だけを考える(つまり、全体を考慮しないただの作業)ことは、全体として捉えると、無作為に柱を打つようなものである。

 

暗記を、建物を立てるまでのプロセスとして考える。

やりがちな行為は、50個暗記するときに、10個ずつやること。これは効率が悪い。

 

全体的にすこしずつ作業を進める。つまり、いっきに50個を暗記しにいく方法が合理的であると言える。


全体性を考えてから部分に取りかかる、つまり、設計図を作ってから暗記するということ。


 全体を考えずに部分を構築していくやり方では建物はつくれない。

あくまで比喩として考える。

チャンクという心理学の用語がある。

 

bookはを暗記するとき、b、o、o、k、の4つで暗記するのは効率が悪すぎる。

bookは1チャンクである。

b、o、o、k、は4チャンクである。

 

いっきに50個覚えにいくことで、チャンク数を減らせると僕は考える。

 

建物を立てるまでに、いかにチャンクを節約できるか。

これが暗記術の構造ではないだろうか。