人生は草!

読書と哲学。大学院入試日記

ゲシュタルトもフラクタルで説明がつく

シュタルト = (部分の総和 ≠ 全体)

以下の記事と統合する。

 

nainaiteiyan.hatenablog.com

 

 

例えば部屋とホテルを想像してみる。

部屋が100個集まると、ホテルとなり、ビジネスが生まれる。最上階の部屋をレストランとすれば、「景色」「雰囲気」といった「付加価値」が生まれる。

 

これが部分の総和が全体にはならない、というゲシュタルトフラクタル構造である。