人生は草!

読書と哲学。大学院入試日記

「理解できない。」は厳密には違います。論理的に説明します。

こんばんは

学問が蓄積の産物というのはご存知かと思います。

認知もそうだと僕は考えます。

下の画像は、僕の思考方法のひとつで、タワーマンション型思考法と呼んでいます。

学問を究めた人は、タワーマンションに例えると、学者は50階にいるとして、他の人は10階、20階というイメージです。つまり、学問を究めた人は眺められる視野が広いのです。低い位置にいる人は、障害物があるので、見れないものがあるのです。

f:id:nainaiteiyan:20201029201555j:plain

「何のために生きるのか?」

これが問い屋さんのスタートでした。

その後哲学に興味を持ちました。

初めは、「哲学なんてクソ」とバカにしていました。

そこから、善いとは何か。悪いとは何か。

考えることが多くなりました。

やがて池田晶子さんの本に出会い、哲学の本質に近づきました。

 

厚生の平等という概念を知ってからは、加速して知的好奇心が高まりました。

 

そして認知行動療法を受けたことで、認知について詳しくなりました。

そこで、芸術と音楽と数学の親和性に気がつきました。

 

その後、さらに哲学も数学と親和性があることがわかりました。

ライプニッツという哲学者が微分積分法について、ニュートンより早く論文を提出したという話があります。

 

「理解できない。」

面白いことに、50階にいる人は30階にいる人について説明が出来るのです。

残念ながら、30階にいる人は50階にいる人を説明できません。

これが「理解できない。」の構造だと僕は考えます、

 

それは、単に、まだ低い部屋に住んでいるからなのです。