人生は草!

読書と哲学。大学院入試日記

大型書店が消えたら日本は終わりだと思う。

ジュンク堂丸善紀伊国屋有隣堂

 

大型書店には強力なメリットがある。

学術的な本が多いことだ。

 

個人的に、自己啓発やエッセイ、その他の類は主観のオンパレードだと踏んでいる。

参考にはなるが、実のところ根拠はない。論文ではないのだから。

 

その点で、専門書は強い。

今まで私は主観、感性というものに重きを置きすぎていたなと思うところがある。

 

電子書籍がアナログを食い殺したらそれこそ国の終わりである。

私はそう思う。