はてなブログ大学文学部

読書と哲学がメインです。(毎日更新中)

カミュ『異邦人』を読みました

「不条理の認識を極度に追求したカミュの代表作」

そのように裏に書かれているんですが、、

 

正直、全くわかりませんでした。

不条理??認識??

 

鎌田浩毅さんの『理学博士の本棚』に、外国文学は10代の頃によく読んでいた、そのように書かれています。

「え・・・高校生がこんな古典をすらすら読めるのか・・・」

 

僕の頭の悪さに絶望です。

僕は、小説を読むとき、物語の中に入るように、何も考えずに読みます。

読み終わって思ったことは、やはり「不条理の認識ってなんのことだったんだ??」でした。

 

古典って難しいですね。でも、触れることができただけでも今は満足です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

異邦人 (新潮文庫 カー2-1 新潮文庫) [ カミュ ]
価格:539円(税込、送料無料) (2020/7/25時点)

楽天で購入

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

理学博士の本棚 (角川新書) [ 鎌田 浩毅 ]
価格:968円(税込、送料無料) (2020/7/25時点)

楽天で購入