はてなブログ大学文学部

読書と哲学がメインです。(毎日更新中)

読書日記609

読んだ本:

小林秀雄ドストエフスキイの生活』新潮文庫

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メモ

 

E・H・カー (1892-1982) ・・・・イギリスの歴史家

著書:『危機の二十年』『歴史とは何か』『ドストエフスキー』等

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日記

 

松岡正剛氏が小林秀雄の読み方が気に入らないといったので(『観念と革命』より)、ではまず、小林秀雄はどのようにドストエフスキーを読んだのか、と思った。

 

 

本書を50ページほど読み進めたところ、ドストエフスキーの生い立ちや人生が詳細に書かれいた。

いったいどのからその情報を得たのか調べたところ、メモ欄に記載されたようにE・H・カー氏の『ドストエフスキー』を参考に書かれたと解説に記載されていた。

 

 

前半はドストエフスキーの人生について、特にツルゲーネフ(『父と子』などの著者)に攻撃を仕掛けられた話などが印象的であった。

 

具体的な批評はカラマーゾフの兄弟を論じた300ページ以降になると思われる。

長い。