はてなブログ大学文学部読書研究科

読書と哲学がメインです(毎日更新)

読書日記585

読んだ本:

引用元:版元ドットコム

つづきを読み進めた。

 

nainaiteiyan.hatenablog.com

nainaiteiyan.hatenablog.com

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メモ

 

なし

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日記

 

 

130ページ弱読み進めた。

著者は、環境の大きな影響力について論じ、個人ては合理的にはなれないことを述べた。

ヒースの『啓蒙思想2.0』において、ヒースは「合理性とは本来、集団的なプロジェクトである」と述べたことを著者は語る。

 

 

集団の合理性について、著者はハーバーマスの「討議」理論を挙げた。

著者いわく、ヒースは「ハーバーマス2.0」だという。

しかしながら、著者はハーバーマスの「討議」の欠点として、家父長的だとフェミニズム陣営から批判されていることを挙げた。

 

 

また、安倍政権においては、質問に対して巧みな「ご飯論法」なるものを用いて度々向き合わなかったことを挙げ、日本の国会は「討議」が機能していないことを語った。

 

 

以上の箇所まで読み進めた。

個人的に感じたのは、結局のところ「環境」が全てを解決するのであれば。環境が変われば当然人間もまた変わる。

これを永遠に繰り返すのだろうか。

根本的な解決法にはみえないと感じた。

 

 

200ページくらいまで読み進めてまた感想を書きたい。