はてなブログ大学文学部

読書と哲学がメインです。(毎日更新中)

読書日記574

読んだ本:

引用元:版元ドットコム

つづきを読み進めた。

 

nainaiteiyan.hatenablog.com

nainaiteiyan.hatenablog.com

nainaiteiyan.hatenablog.com

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メモ

 

なし

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日記

 

100ページまで読み終えた。

批判的に本書を吟味した。

 

 

著者は「大衆」と「エリート」の二項に対立させ、前者は思考せず感情的に判断し、後者はその逆であるとした。

 

・・・・

 

「ナッジ」というものが公共政策に取り入れられている。

例えば、年金制度に加入しない場合には申請を出すようにし、そうでない者は自動的に加入させ、「選択肢」を与えるので「強制」ではないことになる。

巧妙な手段である。

 

 

巧妙だと思うのは、結局のところ「エリート」による「大衆先導主義」に個人的にはみるからである。

著者はエリートの性質を「功利主義」に近いとした。

合理的に判断するやり方ではあるが、何度も書いているようにそのやり方は時に非情になる。

ロッコ問題でいうならば、いかなる手段を使ってでも多くの人が助かるようなやり方である。

 

 

まるで「進歩のためには犠牲はつきもの」のようである。

 

 

以上、100ページまで読み、そこそこの不快感を残しながら一度読書をストップした。

次回も慎重に吟味したい。