はてなブログ大学文学部読書研究科

読書と哲学がメインです(毎日更新)

空間化される貨幣

1日乗車券には意外な使い方がある。

空間を買うのである。

集中力を買うのである。

 

 

同じ空間に2時間以上いると集中力がなくなってくる。

1日8時間読書をすると想定すると、単純計算て4回カフェに行くことになる。

カフェで水を販売している場所もあるので (スターバックスドトール等)、4回行けば500円強で済む場合もあるが、あまり現実的ではない。

 

 

その点、1日乗車券は強い。

ひたすら乗り回し、読み回せる。

移動手段として時間を買うのではなく、思考手段として空間を買う。

 

 

空間化される貨幣。