人生は草!

読書と哲学。大学院入試日記

「100億円をもらったら何をする?」の問いで人間性が見える。

僕は「講習を受けカフェ運営のための衛生管理者の資格を取り、物件選び、コンセプト選び、料理人のリクルートなど、さっそく手を出していきます。で、同時に古本屋の開業に向けた準備をしていきます。」と答えます。

 

古本屋さん、繁盛しなくてもいいので一回だけやってみたいんです。

もちろん、何が起きるのかはある程度想定はしているのですが。

それはおいておいて、、、

 

日本は本が読める空間、語り合える空間が少なすぎる。

 

ドトール→まあ読めるけどずっとはいれない

スタバ→席空いてない。

公園→蚊が多い

一般的なカフェ→街に少ない

 

どうなのニッポン!ジャパン!

 

とういうことで、日々こんな妄想をしています。

 

『本屋、はじめました』という本があります。

もともと本屋の店長だったみたいで、コネクションを使って上手くやられております。

うむ。勉強になります。

 

さて、100億円をもらったらどうしますか。

一年で6000万円でも月に500万使えますね。発狂しそうです。

 

さて、どうしますか。