はてなブログ大学文学部

読書と哲学がメインです。(毎日更新中)

読書日記505

今日読んだ本:

辻山良雄『小さな声、光る棚:新刊書店titleの日常』幻冬舎

岡本太郎『自分の中に毒を持て』青春出版社

ランボー『対訳ランボー詩集』岩波文庫

ロマン・ヤコブソンヤコブソンセレクション』平凡社ライブラリー

アントワーヌ・コンパニョン『第二の手、または引用の作業』水声社

ユルゲン・トラバント人文主義の言語思想ーフンボルトの伝統』岩波書店

トマス・ウルフ『天使よ故郷を見よ』講談社学芸文庫

秋嶋亮『無思考国家』白馬社

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メモ

 

災害のあとには岩波文庫哲学書が売れる。

 

身体が重い・・・身体的疲労

集中力がない・・精神的疲労

 

岡本太郎「コンプレックスは受け入れよ」

ごまかすこと ≒ 甘えること

矛盾を楽しむこと ≒ 自分をごまかさないこと

 

 

レッセ・フェール・・・・フランス語で「自由放任 ≒ 静観主義」の意。

 

 

ボルシェ「観念は名称には依存しない」

コンディヤック (1714-1780) フランス哲学者。

 

 

秋嶋亮「世の中は本質的にゼロサム構造」

 

ヤコブソン「諸言語は本質的に、それが伝達しなければならないものにおいて異なるのであり、それが伝達しうるものにおいて異なるのではない」